EDは治せる時代です

EDは難しく考える必要のある病気ではありません。近年は、EDを治療するための薬の開発の研究が活発に行われていて一昔前に比べると遥かに使いやすい薬が増えました。
そもそも、勃起不全で悩まされている男性は日本人だけではなく、世界中で悩みを共通しています。そのため、その症状に関しては研究がものすごく進んでおり、治療薬として提供できる薬も既に開発されているのです。
この薬は日本国内でも服用することが可能な薬であるため、日本の病院に行って問診を受ければ症状に合わせて適切な薬の処方を受けることが可能です。
日本国内で認可されているED治療薬は、すべての種類を合わせて三つの種類が存在します。
その中でも世界で最初に開発されて最も認知度が高い薬として提供されているのがバイアグラという薬です。
バイアグラは、元々EDを治療するための薬として開発された薬ではなく、別の病気の症状を改善するために開発された薬でした。
臨床段階で、多くの患者が薬の試作品を返還したがらないという異常な事態に気づいた研究者が、副作用的に勃起を引き起こす症状が薬の成分の中に含まれていると突き止めたのです。これがきっかけで、世界で初めての勃起治療薬であるバイアグラが誕生しました。
ED治療薬の素晴らしいところは、原因を問わずに必ず一定以上の効果を発揮してくれるというメリットにあります。
基本的に、薬に関してはどのようなものであっても患者にとっては効果の無いものが含まれているものです。
しかし、ED治療薬の場合には発症した原因を問わずに特定の条件を揃えれば勃起させることができるようになるので、クリニックに行けば容易にEDを治せる時代になっているのです。

EDは放置するとどうなるか

EDとは、満足な性交渉を行うのが難しい程度の勃起障害と定義されます。ですからたとえば、性交渉を行おうとする際に勃起が起こらないとか、挿入するのに硬さが足りない、または途中で勃起が終了してしまうと言う症状が該当すると考えられます。
この症状の程度には差がありますが、EDを放置することのメリットはありません。それどころか、症状が進行することによって治療に時間がかかってしまったり、治療の効果が出にくくなってしまう恐れもあります。
ですからどんな些細な症状であれ、あるいは異常であれ、初期の段階で医療機関にかかることが重要です。
またEDの放置は、その原因になっている疾患や状態を深刻な状態に導いてしまう恐れもはらんでいます。どう言うことかと言うと、EDが引き起こされる原因はいくつもあります。
たとえば性的な事柄に対する興味の薄さ、あるいは嫌悪感や恐れと言った心的要因、また性的刺激が陰茎海綿体に伝わるための神経に対する異常、そして陰茎海綿体の動脈や血流に対する異常と言った器質的要因などが、その原因の一例として挙げることができます。
そしてこれらの原因は、EDの治療を受ける中で明らかになることも少なくありません。
原因が明らかになれば、たとえば心的要因に対してはカウンセリングやパートナーとの話し合い、器質的要因に対しては生活習慣の見直しや服薬と言った、それぞれに適した治療法を選択することができます。
そして原因が解消されることで、EDの程度も少しずつ解消されていくことが期待できます。
つまり原因とED、両方を治すことができると言うわけです。しかし放置していては原因を特定することもできず、結果として原因となっている心的要因、器質的要因も進行してしまう恐れが出てきてしまいます。
この状態は体にとっては望ましくない状態ですから、そう言った意味でも、やはり初期の段階でしっかりと治療を受けることが望ましいです。

EDを治療する薬はたくさんある

EDといえば勃起不全になり代表的な医薬品はバイアグラが有名です。
それ以外にも医薬品はあり、バイアグラの欠点を補うかたちの医薬品があります。
それはレビトラであり、バイアグラと同じ効果になりますが、軽食であれば食事をした後に服用でき、そして水に溶けやすい性質を持っていますので、早く効果を期待することができます。
またシアリスは、ウィークエンドピルの愛称をもっており、30時間以上効果が持続しますので、デート前に服用しておけば、いつ性行為が来てもスムーズに事を運ぶことができるでしょう。
ED治療薬の誤解として、服用すれば常に勃起しているように想像する人が多いですが、それは間違いです。
あくまでも性的な刺激を受けた時に反応しますので、安心してください。もし常に勃起するような状況であれば、たとえばシアリスのような医薬品は、それだけで困ってしまうことになりますよね。
勃起不全を解消する医薬品がED治療薬ですが、そのほかにも改善する薬があります。
たとえば心因性の勃起不全であれば、精神安定剤の服用で、勃起が改善する期待を持つことができます。
心因性のEDは、パートナーから勃起しないことを責められたり、また早漏であることを指摘されて、傷ついてしまうことで勃起しなくなる症状です。
精神安定剤を服用することで、治る可能性があります。
また薬ではありませんが、原因となっている症状を排除することで勃起不全が改善することもあります。
生活習慣病である高血圧や糖尿病はEDの直接的原因になることがありますので、それを取り除けば改善する可能性があるでしょう。
ED治療薬というのは、あくまでも勃起を改善するものであり、原因となっている根本を取り除かなければ改善しないことを知っておきましょう。

ページの先頭へ戻る